Category Archives: ニュース

ニュース 仕事

年賀状を廃止いたします

Published by:

インターゾーンは今年を最後に年賀状を廃止することにいたしました。

私が病気療養から戻ってきたときには社内ですでに決定されていました。しかし社会的な流れも全く同じ方向にあるようですね。

検討中企業も流れに追随 年賀状廃止、コロナで加速 

もちろん年賀状の意義はあると思っていますが、現在ではそれ以上に管理コストや年賀状そのものの無駄が勝っていると考えています。

特に大企業宛に出す場合は異動・部署変更、合併による変更など様々なことを管理しなくてはなりません。管理部の仕事もだいぶスッキリすることでしょう。

ちなみに年賀状に代わり、今年から動画での新年のご挨拶をスタートいたしました。

https://www.youtube.com/watch?v=-jh3mJfzxLM

どうぞ、引き続きインターゾーンをよろしくお願いいたします。

ニュース

IZチャンネルご登録願います!

Published by:

インターゾーンには現在YouTuberが在籍しています。別にもともとYouTuberとして雇ったわけではなく、単に6年前に新卒で入ってきたメンバーなのですが。。。

しかし人の才能はどこで開花するか、本当にわからないものですね。社内で彼以上の適任はいません。群馬でも彼を超えるパフォーマンスを出せる人はあまりいないのではないでしょうか?

さて、このIZチャンネルではインターゾーンのサービス、自動車業界としての未来のあり方などを分かりやすく解説しています。単に見ているだけでも面白いので、ぜひご登録を!

IZチャンネル

ちなみに彼を見ていてYouTuberとしてどんな人が向いているのか?というと社内イベントでこんなことができる人だということですかね!

ニュース

インターゾーン事務所の現状

Published by:

これまた少し前の話になりますが、7月に本社を移転して、インターゾーンは現在、高崎に3か所、東京に1か所、大阪に1か所の事務所を構えています。

新事務所はもともとカラオケ屋だった建物の内装を完全撤去して、デザインを含め一から作り直しました。

20年目にして初めて“いい感じ”のオフィスができあがりました。

もちろんすべてのデスク、椅子なども新調し、働きやすい環境を整えました。コロナ禍ですので、在宅勤務も多いのですが、オフィスがよくなると、逆に出勤したくなるようで、コミュニケーションの促進には確実に役立っています。

とくにこのユーティリティースペースはカフェ的なワークスペース、休憩室、Youtube動画の撮影、来客対応など様々な活用をされています。コールセンターのメンバーも定期的にこのスペースに来てランチ会をやるなど、コストをかけた以上の効果が出ています。

入口のセキュリティもかなり面白いものに仕上がっている(管理部のこだわりで)ので、来社いただく際にはぜひ楽しんでもらえればと思います。

車でお越しいただく場合は駐車スペースがわかりづらいので、下記案内を参考にしてください。

駐車場案内

ニュース

3年ぶりにブログを再開します

Published by:

前回の更新が2017年の11月末。すでに3年経過してしまいました。

採用に向けての情報はwantedly、また社内情報はyoutubeで発信をスタートしていたため、ブログの必要性がなくなっていたのですが、訳あって再開することにしました。

実はこの4ヶ月ほど原因不明のめまいに襲われ、ほとんど仕事ができていない状態でした。12月に入ってからようやく復帰できてきています。

この間、さまざまな変化がありました。そもそも社長が4ヶ月も仕事をしなくて大丈夫なのか!?インターゾーンでは全く問題ありませんでした!(全く・・・というのは社員からすると語弊があると思いますが)

それ以上に、各チームのリーダー陣の成長が著しかった4ヶ月になりました。

その筆頭は役員である、山田君、戸張君2名です。

社長が不在となる中、会社のかじ取りをしてもらったわけですが、これまで役員とはいえ一事業部長としての立場でしか仕事をしてもらっていなかったので、最初はかなり厳しかったと思います。

しかし、社長の代行ではなく、「役員としての仕事」として捉えなおした瞬間から、彼らは彼らの独自性を活かした仕事のやり方に変化をしてくれました。

20年間、一緒に仕事をしてきましたが、正直なところここまで100%任せきったことがなかったので、任せていなかった自分を大いに反省しました。彼らの成長を阻害していたのは自分だったということです。

また各部門リーダーについても、混乱の過程で「経営には正解がない」「誰かの判断を待つのではなく自ら全体を考えて結論を出す」ということに気づきを得たようです。

これまでは私が全体を見ながら各部門で相談があればジャッジをしていました。

しかし、それとて「正解」を出していたわけではありません。

経営数値や各メンバーのバランスなどを総合的に見ながら「判断」をしていたにすぎません。

しかし、そうすることによって、リーダーは自部門に集中できるメリットはあるものの、逆に他部門の状況にまで思い至る機会は少なかったのかもしれません。

これまでも経営数値はオープンにしていましたが、それを真剣に見ていたリーダーは少なかったようです。

今回、全社的な数値を自分ごとととらえ、その中で他部門の状況も踏まえて自分のチームがどう行動するべきか?を考えるようになったことはリーダーが2段階くらいレベルアップしたのだと思っています。

私自身の体調不良という災いがスタートでしたが、結果としてインターゾーンの今後5年間にとっては、ものすごく大きな収穫のある期間となっており、ここから先がとても楽しみになってきました。

そんなことが機会となり、ブログを再開することにしました。一歩ひいたところから眺めるインターゾーン、そして私の思考を述べていきたいと思っています。