新涼灯火の三国志

三回目のフルマラソン出場で、まさかの完走ならずだったカネタです。

恥ずかしや。

先日、Kindleの期間限定セール?で「三国志 全巻400円!」というのを見かけて、内容も確認せず後で読もうと気軽にポチっと購入しました。

その後しばらく寝かせて、ふと思い出して読んでみたら、、、

横山光輝氏のマンガ三国志ではなく、吉川英治氏の小説全巻セットでした。

わお。

まぁ名作には変わりないのでこれも何かの縁と思い読み進めると、、、

読みやすくシンプルな文章なのにリズムがあって詩的で情景がリアルに浮かぶ、めっちゃいい日本語でした。

いい日本語に触れると心が浄化されます。。

自分の語彙力のなさに打ちひしがれつつ、やっぱ名作はいいなと痛感しました。

蒼天已死 そうてんすでにしす
黄天當立 こうふまさにたつべし
歳在甲子 としこうしにありて
天下大吉 てんかだいきち

かっちょいい!

(まだ序盤しか読んでないので、にわかですが笑)

年相応の落ち着きと深みある文章が書けるように、これからも素敵な日本語を意識的に摂取していきたいなと思っている次第です。