RPAでお手伝い

ここ最近インターゾーンが新しく取り組み始めたもののひとつ。

それがRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)です。

RPAは「パソコンの中にあるソフトウェア型のロボットが代行・自動化する概念」ということで、それを実現するためのソフトが国内でもたくさんあります。

そのうちのひとつを、実際にインターゾーン社内の業務の自動化に役立てています。

自社内での活用方法を確立することで、今度はそのノウハウをお客様の現場で役立つものとして使えるようにお手伝い出来たらなーという願望。

しかしこんなに便利なもの、いつからあったんだろうなと思って取り出したるはgoogleトレンド。

国内で「RPA」というキーワードがgoogle検索されたボリュームの推移↓↓↓

ということで、どうやら日本でRPAが話題になってきたのは2017年頃からのようです。

まだまだ群馬県内では導入してる企業は少ないのでは?と勝手に推測。

群馬でのRPA活用No.1を目指すのも夢ではないのでは!

中小企業でRPAが気になる場合は、インターゾーンまで♪(勝手な告知)