Category Archives: いろいろ

いろいろ 人物紹介

2017秋ダイジェスト!

Published by:

金田です。

私のスマホには、ブログのためにと撮ったまま記事になっていない写真たちがたくさん眠っています。

そろそろ鮮度が落ちてきたので、ここでまとめて載せてみようかなという試み(*^▽^*)

▼頼れる3丁目事務スタッフ陣

IMG_6228

出張の多い営業部にとって、基本的に社内にいてくれる皆さんは本当に頼れる存在です。
3丁目事務所の総務的なことから専門的な業務まで、幅広く活躍してくれています。

 

▼お母さんの仕事場でよい子にお勉強

IMG_6419

張さんの娘さんがお母さんの仕事ぶりを見学にきました!
おうちに一人でいるより、インターゾーンの方が安心ですよね(^-^)
広々とした3丁目事務所のフリースペースで、勉強したりお絵かき?したり。
私の名前も中国語で発音してもらいました!
ジンテェン チュンジンメイ!

 

▼うかれナカムラ

IMG_6408
うかれた中村さん。
後ろに見切れてる木村さんの表情も味わい深いです。

 

▼中部エリアの営業担当

IMG_6339

お揃いのパーカーでおなじメニューを注文するくらい仲良し。

 
▼仕事終わりに社内で体力トレーニング!

IMG_6378

専門コーチを招いて、週一回のトレーニング。
事務所内でできる体力づくりは、デスクワークの現代人の強い味方です!
以上、ここ2カ月くらいの写真たちでした!
本社の風景もピックアップできるようにがんばります。

いろいろ

秋の日はつるべ落とし

Published by:

金田です。

10月も今日で終わりですねー。

今日たまたま鏡山さんとお話しした中で、
得意を伸ばす、という内容がありました。

得意を伸ばすなんて、なんだか当たり前のことですが、仕事の中ではどちらかというと苦手の克服のほうが取りざたされて、得意を伸ばすという視点が抜けているかも!?と思いました。

んで、私の得意ってなんでしょう。

ひとつ、鏡山さんの同意も得られたのは、金田は作文が得意な方だ、ということでした。

このブログも作文の延長ですね!

得意なことを伸ばして、更にみんなに伝播する立場になっていければ、一石二鳥です。

ということで、私は何を考えて作文はしてるんだろう…と考えてみると。

意外とそこがハッキリしてないことに気づきました(´ω`)

得意な事って深く考えずに感覚でこなしてることもおおいですが、
ひとにわかりやすく伝えるためにはきちんと考えをまとめて言葉にする必要があります。

そーやってひとに伝えて、分かって貰えたりもらえなかったりすることで、自分自身の理解も深まったりして。

そんな循環ができる組織がいいなぁとイメージを膨らませたのでした。

補足:本記事のタイトルに深い意味はありません。
なんとなく言ってみたかっただけです、つるべ落とし。
語感が軽妙ですよね、つるべ落とし。

IMG_6356

うさぎ。

いろいろ

一日2回、再起動

Published by:

私が会社で使ってるパソコンは、諸事情あってとんでもなく大きなノートパソコンです。

ノートパソコンのくせに落ち運べないくらい大きいです。

2年前に買って頂き、調子がよかったのですが、ここ最近はちょっとご機嫌ななめ…

なかなかサクサク動いてくれず、待ちぼうけすることもしばしば。

なるべく使わないウィンドウは消して、昼休みと夕方の一日2回は再起動するという手厚い介護の甲斐もなく、もっさりもっさりです。

そんなときに現れた救世主、コール管理の石川さん!

IMG_6353

メモリ増設できそうということで、ササッと作業してくださいましたヽ(^o^)丿

やったー!

これでサクサクのパソコンさんがかえってくる!

と、喜んだのもつかの間。
まさかの、画面真っ白でこのメモリは対応してませんの文字…(´ω`)

ということで、私の巨大ノートパソコンに対応してるメモリをただいま発注中です。

もうしばらくはモサモサのまま頑張ります。

いろいろ

フィロ研と緻密な計画

Published by:

インターゾーンの全社員が月1回参加しているフィロソフィー研修なるものがあります。

略してフィロ研。ありがたみ半減以下のネーミング。

フィロ研は、仕事を通じてより豊かな人間性を育むための考え方や取り組みかたを学び意見を交換し合う場です。

そのフィロ研の中で話題にあがった、悲観的で緻密に計画を立てるという話が、昨日から今日にかけてボディーブローのようにじわじわと効いてきました。

・悲観的な計画とは想像しうるあらゆる課題やリスくを潰しきること

・悲観的な計画はいわゆるネガティブではなく、目的を達成するための課題の洗い出しだからむしろとても前向きな取り組み

・悲観的=超現実的

などなど。

出てくる話すべてまったくその通りだと、心の中で首がいたくなるほど縦にふってました。

実はちょうど、「働き方改革」という別の全社取り組みの中で私がやりたいこととしてあげたことが、「現実的に無理なものはムリと言えて、そこから前向きな課題解決をできる風土をつくりたい」みたいな内容で、まさにフィロ研にあった悲観的で緻密な計画のことだったのか!と、自分自身すっきりしました。

悲観的で緻密な計画であればあるほど、どんなささいな課題も、また最悪のケースのリカバリもすべて解決する方法が盛り込まれているわけで。

そこまで想定できてあとは行動するだけとなれば、ヒトは強いだろなー!

ちなみに今の自分の行動計画は、そういう意味では緻密さ0.1%くらいという認識。。

目標をやりきりたいという大前提にたった上で、冷静に現実的に課題を出し切るつぶしきる!という計画の立て方にならねばならぬと実感している10月の朝でした。

いろいろ

課外活動!

Published by:

インターゾーンには部活がいくつかあります。

マラソン部、映画部、ゴルフ部、筋トレ部。

それぞれ、社内の情報共有ツールで公式に開催がうたわれていて、誰でも参加することができます。

かくいう私も、マラソン部とゴルフ部に加入しており、きたる11/25には人生初の10キロマラソンに挑戦することにしました。

32歳、はじめてのマラソン。
10キロといえど、決死の覚悟です…!

しかし。

そんな公式部活動を差し置いて、この夏最も熱かった部活動があります。

それが、花火部(非公式)です。

7月〜9月、部長の高橋君を中心に県内外5カ所の花火大会に参戦しました。
(全部参加したのは部長とうつぎさんだけですが…)

私自身、こんなに花火をたくさん楽しめたのは人生ではじめてで、とっても楽しかったです。

生まれ育った富岡を離れて引きこもり気味だった生活が俄に活気付いて、なかなか素敵な経験でした(´ω`)

IMG_6226
来年も部活動期待してますよ、部長!