Category Archives: 人事

人事

採用・広報担当者募集します!

Published by:

引き続き人材関連です。

インターゾーンでは創業以来初めて「採用/広報」の専任担当者を募集することにしました。

総務の一部ではなく、採用と広報を専任で行ってもらいます。

 

今後のインターゾーンにとって最も重要な人材や広報の窓口として情報発信に長けた方を募集します。

社長の私が直接管轄することになります。

未経験でも構いません。

興味のある方はぜひ下記メールアドレスまでご連絡ください。

 

saiyo@inter-zone.jp

 

人事

人材紹介会社の意義

Published by:

次なるステージに向けてインターゾーンは積極的な採用活動をしています。

企業経営においては人材こそが最も重要な要素であるため、ここは直接私自身が目標にコミットして動いています。

人材紹介会社とも直接やりとりをしています。

 

以前から感じていて、最近ますますその傾向が強くなっていると思うのは人材紹介会社が「単なる転職希望者データベース」となっていることです。

 

イメージ的には「ここに人材のデータがあるから、検索で絞り込んで対象者をピックアップして勝手にスカウトしてね!」という感じです。

しかし人材のデータベースには単なるスペックしか表記されていません。これで何が分かるというのか疑問です。

 

本来の人材紹介会社の仕事は「マッチング」だと勝手に思い込んでいました。

現に、私がお付き合いしている群馬の人材紹介会社のスターキャリアさんはインターゾーンの事業の方向性、現在の人材の状況、私の考えなどをしっかり理解した上で、人材を紹介してくれるときも「どういう点がマッチしているのか?どこが未知数か?」ということまで真剣に伝えてくれます。

しかし大手紹介会社の実態は違うようです。

 

求職者がどんな状況におかれているのか?なぜ転職しようと思ったのか?(正直に!)家族はどう言っているのか?などなど、本来把握しているべき要素はたくさんあります。

例えば東京から群馬に戻ってくる求職者は「群馬出身者」であることが多いのですが、実際には「自分は他県の出身だけど、奥さんが群馬出身」という人も半分はいるそうです。

 

こんな情報をもとに大手紹介会社に話をしてみたところ「そんなデータベースは存在しない」と一蹴。

もちろん存在しないことは知っています。だったら「キャリアアドバイザー」という人は何をしているのでしょうか?

本来、家族の状況も含めて本音を引っ張り出すことができるのが第三者たるキャリアアドバイザーなのではないのでしょうか?

 

ということで・・・新卒採用同様に大手企業を絡めた採用活動に限界を感じており、中途採用もリファラル、SNSを中心に切り替えていこうと思っています。

インターゾーンのアドバイザーの方が「僕の周辺にいる人をあたってみます!」と言ってくれました。

これほど間違いないことはありません。インターゾーンのことを熟知し、そして人材のことも熟知している。だから「相性良さそう!」ということが分かるはずなのです。

 

2018新卒の内定も出し始めました。

まだまだインターゾーンの採用活動は続きます!

人事

個人ビジョンと会社ビジョンのすり合わせ

Published by:

インターゾーンは『どのような会社で働きたいか?』『どんな人と働きたいか?』という思考を持って入社してくる人が多いため、『何をやりたいか?』という個人にフォーカスをしてくることがあまりありませんでした。

 

しかし、最近この誤りに気づき始めました。

 

メンバーが自らの使命感を持って働くためには、上記のようなことはもちろんですが、

『自分が将来どうなりたいのか?』

という個人ビジョンを明確に描けるようになることもあわせて重要になります。

 

そしてそれが会社のビジョンと合わさった時に、無限の能力を発揮する!ということに今更ながらに気づきがありました。

 

例えば、数年のキャリアを経て、どうしても自ら事業をやりたい!と思っている人材にオペレーティブな仕事をさせ続けていると、その人はいずれ辞めてしまいます。

人材関連の仕事をしたい!と思っている人にデータ分析の仕事をさせていると、最終的には使命感を持つことができなくなります。

 

ここで言う『人材関連の仕事をしたい』というのは、狭義での『何をしたいか?』であり、レベルとしては低いものです。

ある人の受け売りですが、『人の気持ちが分かる』という自分の強みを活かし、この強みが社内に向いた場合には「組織人事」を、社外に向いたら「マーケティング」ができるというレベルにあがると、その人の『何をやりたいか?』は大きく広がっていきます。

 

このような想いを社員一人一人の中に育てていきたいと思っています。

 

この個人ビジョンは実はなんとなく誰もが持っているものなのですが、話を聞いてくれる「コーチ」がいないと、それが具体化することがありません。

インターゾーンでは全社員のコーチ役を当面私が請け負うことにしました。

 

この視点で社員のコーチをしていると、ものすごく気づきがあります。

それはインターゾーンという会社のビジョン・事業展開の広がりにもつながります。

 

①自分が人生をかけてやるべきことが見えている状態で、かつ社内にその仕事が存在する。

②自分が働きたいと思う環境が用意されている

→ ここでいう環境とは給料、働く場所、働く時間、風土、裁量、他のメンバーなどの諸条件を言います。

③会社の掲げるミッション・ビジョンにとても共感している。

 

特に②についてはライフステージによって大きくことなります。

それを踏まえたうえで、この①から③まで揃った状況で仕事ができるのであれば、自ら燃えない訳がありません。

ある意味「メンバーのわがままをどんどん言ってもらう」ということでもあります。

しかしそれが会社ビジョンと方向性を揃えられるなら、全く問題ない!と考えています。

 

このプロジェクトはすでにスタートしていますが、インターゾーンではこれから一人一人のメンバーと向き合い、個人ビジョンを磨き上げていきます。

 

この件についてはピーター・センゲの『学習する組織』から学んでいます。

人事

2018新卒採用について

Published by:

当社ではこれまで新卒採用はいわゆる一般的な方法で行っていました。

 

リクナビ・マイナビからの集客

合同説明会

会社説明会

個別面接

 

ながらく、この新卒一括採用方式に疑問を抱いていましたが、

次回の採用活動から本格的にやり方を変更することにしました。

 

日本の新卒一括採用は「茶番」だと思っています。

来年はこの茶番劇から退場します。

 

今、決定していることは

①リクナビ・マイナビに掲載しない

②合説にも参加しない

ということです。

 

新しい新卒採用活動のスタイルを群馬の地で構築していきたいと思います!

人事

中途採用面接で気を付けていること

Published by:

ここ最近、中途採用の面接を数多く行っています。

さすがに人材紹介会社を通してくるので、人事部長面接を通過して私のところまであがってくる人が多いです。

 

新卒採用と異なり、中途採用で気を付けていることがあります。

それは「徹底して自己開示をすることで採用後のミスマッチを極力防ぐ」いうことです。

 

新卒採用の場合は、会社説明会を何社もまわって自分なりにいろいろ考えてたどり着くという過程を踏みます。

よって、自分なりに考えを固めて入社をしてきます。

 

一方、中途採用(特に紹介会社経由)の場合はある意味一発勝負です。

2~3回の面接だけで決めることになります。

もし会社側が取り繕って、いい面だけを話をしてしまえば、ミスマッチが起こる可能性は高まります。

 

なぜミスマッチを防ぎたいか?

何よりも中途採用の場合は奥さん、子供など家族がいることが多いため、転職に失敗してはならない。

と思っているからです。

 

最近インターゾーンへの転職組は東京で働いていた人が多いです。

そうなると転職に伴い収入が下がってしまうことがあります。

家族の反対を押し切って転職する人もいます。

そこまでして転職をするのに、「思っていたのと違った」というのでは目も当てられません。

 

だからこそ、面接の際には「お互いぶっちゃけて話をしましょう!」と言っています。

インターゾーンはその場で社内見学も含めてやりますし、必要であれば他の社員にも入ってもらって話をしてもらいます。

 

これから中途採用で面接に来る方は、ぜひとも“大量の質問”を用意してください。

正直に回答していくようにします。

それが採用後のミスマッチを防ぐベターな方法だと思っています。

 

まだまだインターゾーンの採用活動は続きます。。。

 

人事

人材大募集!

Published by:

しばらくブログ更新が滞ってしまいましたが、業務は順調に進んでおります。

9月からスタートする新年度に向けての種まきでバタバタ走り回っております。

 

来期に向けてインターゾーンでは人材を募集中です。

・営業

・コールセンターマネジャー

のほか、様々な職種で正社員を募集しています。

 

インターゾーンでの仕事はどんな職種であれ

「仮説立案」→「実行」→「検証」のサイクルをまわす必要があり、

どこでも通用する力をつけることができます。

 

マーケティング力、マネジメント力を現場で身につけることができます。

 

採用人数は5名以上。

これからキャリア採用の媒体、人材紹介を通じて募集活動がスタートします。

群馬のベンチャーで働いてみたい!という方のご応募をお待ちしております。

 

媒体からだけでなく、直接応募も可能です。

 

▼株式会社インターゾーン 採用窓口

027−387−0003(9時〜18時)

メール: saiyo@inter-zone.jp

人事

群馬でベンチャーという選択肢

Published by:

2016年の新卒採用の真っ只中なので、これから数回、求職者向けのメッセージを書くことにします。

 

インターゾーンはベンチャー企業です。

群馬は製造業を中心とした産業が盛んなので、どちらかというと保守的な体質の企業が多くあります。

そんな中ではかなり特殊な会社です。

 

インターゾーンがどのような会社か?ということについては、ここ中途採用で入ってきた社員を見るとよく分かります。

 

営業部 木村君

岡山出身、大学は神戸。新卒での就職は食品メーカー系の販売会社(大手)です。

群馬とは縁もゆかりもない彼は人材紹介会社経由でインターゾーンに入ってきました。

つまり「群馬で働きたい!」というよりは若いうちに「もっと自分が成長できる環境で働きたい!」と思ったことがきっかけで、特に働く場所にはこだわっていなかったということです。

 

WEB事業部マーケティングチーム 中林君

群馬出身、大学は東京。新卒で入社したのは群馬の広告系企業。その後、ネット関連の企業に転職しネットマーケティングの腕を磨きました。

ネットマーケティングの力をつけるにはやはり東京です。そのため彼はインターゾーンに入る前、群馬に住みながら東京の恵比寿まで毎日通勤していました。

しかしさすがにこの状況を続けるのは難しくなり、自分の力を発揮できる会社を群馬で探していたところインターゾーンにたどり着きました。

 

WEB事業部制作チーム 水野君

群馬出身、大学は群馬。新卒で東京の大手ベンチャー企業に就職。群馬から通勤して8年間勤務しました。

家庭を持ち、子供も生まれ、ここから先を考えた時に群馬で仕事をしようと思って転職活動をしました。その結果、人材紹介会社から紹介されたのがインターゾーン。

まさに「群馬にこんな会社があったんだ!」という感想です。

 

この3人を見て分かるように、インターゾーンは「東京で働こう!」と思っているような人が「群馬にもこんな会社があったんだ!」と思えるような会社です。

東京のベンチャー企業に負けない成長力、若さ、自由な雰囲気、任される仕事の大きさ、会社をつくる面白さなどがあります。

 

すでに安定してしまっている保守的な会社よりも、これからの自分をかけてみたい!と思えるような会社でありたいと常に想い続けています。

次回は「そうはいってもベンチャーってなんだか不安」という人に向けてのメッセージを書きます。

人事

新メンバーが増えています。

Published by:

今年に入って続々と新メンバーが入社しています。

 

インターゾーンで正社員になる人材は、新卒採用以外に中途採用もたくさんいます。

中途採用でも最近は2パターンがあります。

①アルバイトで働いていて仕事ぶりが認められて正社員になる

②人材紹介会社ルートで採用

 

1月に正社員になった2人はともに②です。

 

最近では群馬のとある人材紹介会社を専門で活用させていたただいているのですが、

人員リソースの限られるインターゾーンにとって、その紹介会社は完全に「人事部」的機能を

果たしてもらっています。

 

通常の紹介会社活用よりさらに一歩踏み込んで、紹介会社の方と

インターゾーンの理念

現在の事業の状況

今後の事業展開

なども共有し、これからのインターゾーンに必要な人材を紹介してもらっています。

 

そのため、紹介された人材もインターゾーンの理念や社風に共感して

話を聞きに来てくれる人が大半です。

 

これから企業が成長するにはいかに専門的な協力会社を増やすか?も重要なテーマです。

 

インターゾーンでも人事系に限らず、システム系、デザイン系、マーケティング系、戦略系と

様々な専門家と協力しながら成長スピードを加速しています。

 

その中でも人材(特に採用)は会社の成長において最も重要なテーマです。

今後もいい人材がいればとことん採用をしていく予定です。