Category Archives: 日記

日記

ハーフマラソン走破!

Published by:

久々の更新が個人的な話になりますが。。。昨年目標に掲げた、ハーフマラソンを走破しました。

葛西臨海公園のナイトハーフマラソンです。

インターゾーンからは、この度結成したマラソンチームで4人が参加。

7941

↑スタート前元気な様子。

 

これまで高校生で走った10kmが最高でしたが、やればできるものですね。

4人全員が完走!

久々に単純に嬉しい!と思える瞬間を味わいました。

 

20170610_203203

↑笑っていますが、足は死んでいます。。。

 

この後、インターゾーンのマラソンチームは12名に増えました。

秋には再度ハーフマラソンに出場予定です。

 

マラソンのほかにも最近社内では運動の機運が盛り上がっていて、

NPO法人ソーシャルグッドの吉田さんをインターゾーンの契約トレーナーになっていただき

毎週トレーニングが開催されています。

20170615_190606

 

心技体の「心」と「体」を鍛えていきます。

日記

ブログ再始動します

Published by:

ここ数ヶ月お休みをしておりましたが、ブログを再始動いたします!

特に何があった訳ではありませんが、第16期も終盤に差し掛かり、来期は発信力を改めて高めていく予定にしております。

 

先週、盛和塾の世界大会が横浜で開催されました。

 

今年は鏡山、山田、戸張の3人の役員全員が盛和塾生となったため、初めて役員全員での参加となりました。

経営に対する考え方の根幹を改めて役員で共有するいい機会になったと感じています。

 

これまでも稲盛哲学を学んできた3人ではありますが、改めて来期は「愚直に実践する」ことに重きを置いた行動をしていきます。

このブログもフィロソフィーの話が多くなると思いますが、インターゾーンの経営理念の根幹は盛和塾にあるので、これを貫き通していきたいと思います。

 

稲盛和夫氏も84歳になり、私が盛和塾に入った9年前に比べると体力的に相当大変だと見てとれます。

それでもなお魂を込めて経営を伝えていただける姿に一塾生として結果をもって答えるしかないと思っています。

 

7月から8月にかけて来年度の事業計画を構築していきます。

すでに方向性は明確になっており、また組織体制の変更も確定しています。

後は数値計画、行動計画への落とし込みです。

この2ヶ月が社員にとっても勝負の時です。

 

目線を高く、大きな目標設定になるように、描いていきましょう。

日記

新ホームページが完成しました。

Published by:

私のほぼ単独プロジェクトとなったインターゾーンの新ホームページが完成しました。

今回はレスポンシブで制作したためスマホにも対応です。

 

hp

 

 

社内撮影会の映像でかなりキレイに仕上がりました。

 

社員紹介などはこれから充実させてまいります。

 

 

日記

会社サイト制作中

Published by:

只今、インターゾーンの会社サイトの全面リニューアルを進めています。

WEB制作を行っている会社ではありますが、なぜか外部の制作会社につくってもらっています。

 

いわゆる“あるある”の話ですが、WEB制作会社が自分の会社サイトを社内で制作すると、時間がかかって進まない現象に陥ります。

なぜなら、制作するデザイナーの優先順位はクライアントが上だからです。

 

そうなると、いつも忙しいデザイナーは結局優先順位の低い案件は後回しになります。

 

そんなこともあり、私の判断で今回は外部の制作会社にお願いしました。

インターゾーンと違い、上場企業をメインに制作をしている会社なのでディレクションも違います。

とてもしっかりしています。スケジュール管理も素晴らしいです。

 

12月末には完成予定(スマホサイトも同時オープン)です!

どうぞお楽しみに。

日記

高崎経済大学前に看板を出しました。

Published by:

以前、『群馬でベンチャーという選択肢』という投稿をしましたが、同じ言葉で大学前に看板を出しました。

 

高経大_野立て看板

 

高崎経済大学の正門前です。

 

BtoB事業を全国展開しているインターゾーンは小売業などと異なり、県内では無名です。

そのため就活生との出会いは、ほとんど「リクナビで初めてみました!」という人ばかり。

来年の内定者に至ってはリクナビですら発見していないところからのスタート。。。

新卒採用は活動をスタートする前段階で認知があるかどうかが結果に大きな影響を与えます。

 

これからのインターゾーンの事業展開にとっての鍵は「人材」。

これから人材に対して徹底的に投資をしていく予定です。

 

ネットマーケティングが得意のインターゾーンではありますが、まずはアナログにコツコツ認知活動から。

友人のワイズサインさんの力を借りて看板をつくりました!

 

日記

事務所の改修

Published by:

事務所の壁面、入口周辺を改修工事がほぼ完了しました。

 

12月に現在の事務所に移転した時から計画をしていたことですが、ようやく実現しました。

20150523_075242

 

もともと真っ白な壁面で『なんだか倉庫みたい』という評価を得ていた事務所ですが、今回の改修で事務所らしくなりました。

看板も駐車場の入口にアルファベットのロゴ表記のみだったため、お客様が隣の建物に行ってしまうというトラブルも何度かありました。

そこで「株式会社インターゾーン」の表記が必要だと思っておりましたが、この看板も完成しました。

 

インターゾーンの取引先は全国に広がっているため、簡単に群馬にお越しいただくことはできませんが、関東圏に来られる時にはぜひ足を伸ばしてください。

お待ちしております。

日記

アイデアの作り方

Published by:

インターゾーンのようなベンチャー企業では際立った商品力を持つことはとても重要な要素です。

大企業ではできないようなアイデアを形にする必要があります。

 

ところで、アイデアって勝手に出てくるものではありません。

 

人それぞれアイデアの作り方は違うようです。

 

ちなみに私の場合、どうしているか?

 

『ぼんやりしている状態であっても、他人にその内容をしゃべりまくる』

 

これです!

 

社内でもよくやるのですが、山田君や水野君を捕まえては、「こんなこと考えているんだけど・・・」と話をスタートします。

そうすると、彼らが「うんうん」と頷いてくれるのです。←これかなり重要です。

 

頷かれると、気持ちよくなります。

調子に乗ってくると、今まで考えつかなかったようなことがドンドン出てくるようになります。

この瞬間は気持ちいです!

 

話をしているうちに頭が整理されてくる状態です。

 

しかも、彼らがそのアイデアに上乗せをしてくれます。

いわゆる「ブレーンストーミング」の状態です。

こうなるとアイデアが止まらなくなります。

 

アイデア不足で困っている人はぜひ実践してください。

思った以上の効果があります。

 

日記

個人の市場価値

Published by:

若い方の中には(中には年をとった方でも)会社に入って「なんで自分がこんな仕事をしなければならないんだろう?」と疑問に思うことあるのではないでしょうか?

今回は個人の市場価値を企業になぞらえて話を進めたいと思います。

企業は激しい競争環境の中で常に市場から選ばれる存在でなければ、生き残ることはできません。
他の企業と比べてどんな価値を提供できるか?が勝負どころです。

これを個人に置き換えるとどうでしょうか?

これからの時代、個人でも市場価値が試されます。
市場価値を高めるにはそれ相応の努力が必要になります。
企業が生き残るために努力をするのと同じです。

しかも、どの努力が正しい方向に向いていることが大切です。
遅くまで残って仕事をすることが市場価値ではありません。

冷静に会社にとって自分の価値が何か?を知ることが大切です。
会社で業務だけをこなしてアフター5に遊んでいる人の市場価値が高まることはないでしょう。
あらゆる場面において「勉強」をし、その勉強を活かして仕事で「実践」をし、「経験値」を積んでいく。

 

市場価値とは相対的なものでもあるので、他の人ができないくらいの努力の人しか高まることはありません。
こんなことを言うと、「子育てをして時間がない人は価値が高められない」と思う人が出てくるかもしれませんがそんなことはありません。

子育をしていても、そこには様々な経験を積むチャンスがたくさんあるはずです。

私のように子供がいない人よりもより異なる視点を持ち、また大きな経験も得られるはずです。
それは仕事にも必ず活きていきます。

 

このように考えると、求職者が「大企業に入って安定した仕事をして・・・」と考えることがいかにナンセンスかが理解できるはずです。
それは高度経済成長時にのみ通用した考え方です。
全てが成長するので、誰もがエレベーターにさえ乗っていればよかった時代ですから。

しかしそんな時代はとっくの昔に過ぎ去りました。

今の時代、市場価値のない人に「いい仕事」がまわってくることはありません。

そうなると「なんで自分がこんな仕事をしなければならないんだろう?」と会社に対して不満を持つようになります。
しかしそれは自分自身の問題であることが多いものです。

 

大企業に入っても自分の市場価値を高めることができるような人は、ベンチャー企業であっても十分に通用します。
逆に「ベンチャーなんてリスクが高くて嫌だ」と思っている人は大企業に入ってもいい仕事はできないということになります。

 

悪くすれば、必要のない人材となり、会社が厳しくなったときクビになってしまいます。
(今は景気がいいので、そんなことはありませんが、この状況は永続しません)
これは不景気になったときにコストカットの必要が出た際、必要性が低い会社が契約を切られるのと一緒なのです。

 

もし会社から与えられている仕事に不満を感じた時には一度、自分の市場価値を冷静に確認してみましょう。
長い人生の中で自分がどのように価値を向上させていくのか?を考え抜いていくことが一番の強みになっていきます。

日記

変わった朝礼

Published by:

インターゾーンの全体朝礼は簡素です。

人数が増えたため、その日の活動詳細はチーム別朝礼で共有します。

全体で行うことは外出の予定、来客予定の共有と理念の発表&コメントだけです。

 

しかし。。。。今日の朝礼は変わっていました。

本日登場したのはこの人。

IMG_2035

 

なかなかのインパクト!

本来は全身タイツだそうですが、今日は頭だけ。

こう見えて、立派な社長さんです。

 

インターゾーンが提携をする愛媛企画の小田社長。

強烈な個性ですね。

ホームページでもよく分かります。

→ http://www.ehimekikaku.com/

 

この2日間、インターゾーンに研修に来ていただいていたので、

せっかくの機会だから朝礼に参加していただき、愛媛企画さんでやっている挨拶をやりました。

IMG_2041

こんな格好で真顔で話をするところが、とってもシュール。

 

愛媛企画さんでは毎朝『最幸だぜ、ベイビー!』とやるんだそうです。

結構笑えますが、朝から元気が出ます。

 

ということで、インターゾーンでもやってみました。

IMG_2050

 

小田社長『社外でやったのは初めてでした・・・』とのこと。

インターゾーン社員にとっての非日常体験でした。

 

日記

デザインパートナー

Published by:

20150224_190120

 

インターゾーンにはたまにこんなインパクトのある人が訪れます。

 

外部のデザインパートナーMAG君。

外部と言っても、長い付き合いなのでほとんど社内と同じような扱いです。

 

彼が手に持っているのはインターゾーンの子会社が下北沢にOPENさせた

ヘアカラー専門店のチラシ。彼の作品です。

 

インターゾーンが提供するサービスは自社だけではカバーしきれない場合も多く、

多くのパートナーと一緒に仕事をしています。

 

彼らには総会にも参加してもらい、インターゾーンの理念も理解してもらいながら突き進んでいます!

これからもよろしく!