マーケティング事業部 営業部

一寸先は未知!

Published by:

金田です。ブログネタを溜め込んでいました。

ちょっと前なのですが、こんな記事をネットで見かけました。

中国人ビジネスマンが名刺を持ち歩かなくなった理由

いちばん「へー!」と思ったのは、ここ。

もそも中国においては、印刷技術の発展は、日本や他国に比べて後れている。印刷精度が高いとはいえないのだ。日本のような安価な価格で、コピーサービスを提供できる業者はいない。特にカラー印刷技術は後れており、中国ではいまだにコンビニではカラー印刷ができない。しかし、中国は、これを逆手にとった。不得意な分野を攻略するというステップを飛ばしたのだ。

確かに。でも本当なのか!?一般市民レベルではどうなんだろう!?

ちょっと気になってしまったので、こっそり張さん(大連勤務のIZ社員さん)に質問。

IMG_5502

・・・本当だった!!!

日本は小銭が必要で不便!!!それずっと昔からホリエモンが言ってるヤツ!!

さておき。

旧来の体制が確立できていない市場の方が、最先端のテクノロジーを柔軟に活用して一足飛びに拡大できちゃうっていうのは、個人的にハッとさせられました。

鏡山さんもよく「仕事に直接関係なくても、ふだん自分が使うサービスや技術にアンテナを高く持とう」的なことを言っていますが、それはきっとこーゆーことに繋がるんだろうなと勝手にナットク。ウンウン。

めっきりウサギの専門書ばかり買いあさっている私ですが、ウェブ関連の知識も日々更新していかねばと気が引き締まる思いでございました。

マーケティング事業部

サンクスカード

Published by:

ついにウサギ用の聴診器を買った金田です。

先日、制作部のある「三丁目事務所」にいってみると、サンクスーカードがはってありました!

IMG_5563 (1)

ジャーン☆

インターゾーンでは毎月、「理念体現賞」という栄誉ある賞が社員の投票により選ばれているのですが、

物理的に離れてしまうとどうしても、誰がどんなことをしているのか把握することは難しくなります。

「違う部署にも投票したいけど…よくわかんない!」となってしまうのです。

そこで、全社共通の理念体現賞はそのままに、各部門ごとに表彰制度をつくることになりました。

制作部の場合は、それが「サンクスカード」なのです。

表彰というほど大げさでなくても、日々のちょっとした気遣いや頑張りをお互いに認め合う、そんな心温まるサンクスカード!

(部外者の私によるほぼ想像ですが)

image (3)

ということで、さっそく私も書いてきました!

IMG_5565

4月のありがとう大賞は誰になるのでしょうか~~?

 

 

いろいろ 人物紹介

チーム在宅が暗躍するとき

Published by:

うさぎのおしっこの躾に悩まされている金田です。

私は昨年末から営業部所属となりましたが、実はもう一名、
同時に部署異動をしました。

中国の大連に住む張さんです。

▼張さんイメージ図
tyousan

張さんは私と同じくらい古くから(!)インターゾーンに縁のあるスタッフです。
以前は日本で仕事をしていましたが、今は故郷である大連にいながらインターゾーンの一員として働いています。

主にリスティング広告設定や運用中のウェブサイトの見直し、実績報告業務などを担当してもらっています。

もともとウェブディレクターをやっていた経験と知識があり、私も少しですが日本で一緒に仕事をしていた時期があったため、遠隔地で一緒に働くということにすこしも戸惑いはありませんでした。

業務に関する相談や依頼は、チャットでほとんど済みます。
画面をみながら口頭で伝えたいときは、スカイプ通話で画面共有をすればOKです!

ホント、便利な世の中ですわ。

改めて振り返ってみると、遠隔地でも問題なくできる業務って結構多いんですよね。
これからさらに営業部の体制も変わっていって、既存のお客様サポートのカタチが確立されていけば、遠隔地スタッフの出番ももっともっと増えていくはずです。

インターゾーンが人手を増やしたい!となったときに、「在宅でもここまでできるから、在宅スタッフを増やしませんか!」と胸をはれるように、今から”チーム在宅”の未来を妄想して楽しむのでした。

(記事タイトルがちょっと意味深な小説っぽくなってて照れますね!)

ウサー

いろいろ

2017年GO!

Published by:

インターゾーンの採用活動が俄かに活気付いているということで、

ずっと書きたいと溜め込んでいた「2016年を写真で振り替える記事」をいってみます!

といっても私の個人ケータイに入っている写真なので、かなり偏りがありますが…

インターゾーンの日常を知る一助となればこれ幸い。

▼2016年1月ごろ。産休中の制作部ヒグチさんが子連れで来社♪
IMG_3437

▼6月ごろ。ナゾの美女が登場
IMG_3078

▼たこ焼きの季節
IMG_3463

▼クリームまみれの45歳
IMG_3230

▼ねこ
IMG_3292

▼笑顔のすてきな中×中ペア
IMG_3644 IMG_3237

▼10月に念願の制作・中途合同運動会
IMG_3596

▼社員旅行2班
IMG_5030 IMG_4089

IMG_4024 IMG_4073

IMG_4067 IMG_4388

▼うさぎ
IMG_4932

・・・こう振り返ってみると、大勢の写っている写真があまりなかった。。。

今年はにぎやかさの伝わる写真もたくさん撮ろうとおもいます!

そのかわり(?)に、中林さんの写真がめちゃめちゃ多かったです。

勝手にIZ社内のオモシロ被写体ランキングをするなら、1位中林さん2位坂井さん3位小林直哉クンです。

ということで2017年、いってきます!

営業部

部署異動は(きっと)オモシロイ!

Published by:

金田です。愛車のブイ子がついに19万キロ突破しました。

実は私、9月から制作部から営業部へ異動しています。

しかし営業部らしい仕事をすることなく、気づけは12月。
いよいよ年明けからは営業部の一員として本格稼動する予定です。

そんなわけで、今は制作部と営業部それぞれのミーティングに参加する機会があるのですが、これがなかなか楽しいです。

業務内容は違っても課題の本質は一緒だったり、
同じ課題についても視点が微妙に異なっていたり、
まったく見えていなかった社内の状況が見えてきたり。

そして何より、それらの気づきの先に、何かしら自分なりの新しい価値を発揮できる関わり方みたいなものが、なんとなく見えてくるのがワクワクポイントです。

個人で解決しきれない課題はチーム・部署の課題として取り上げて解決していくのと同様に、
チーム・部署で解決しきれない課題はその垣根を越えて全社の課題として解決していく流れが当たり前のようにまわれば、
より成果につながる活動へと繋がっていくはずです。

大きい企業で盛んに異動が行われるのも納得ですね!(言い過ぎ?)

ということで、年明けからは制作部と営業部両方の当事者視点を武器にやっていきます!