コンタクトセンター事業部

それぞれの役割

Published by:

コンタクトセンターの坂井です。

コンタクトセンター事業部は今期、大きな体制変更に動いています。

かつては少人数で、必要最低限の人員で管理していましたが、
事業拡大、新商品投入、サービス品質のアップと様々な目的の元
コンタクトセンターの中でも複数の(役割別)チーム運用が始まっていきます。

そうすると、今まで「やらなければいけないけど出来ていなかった」
「重要性は感じているけど、優先順位を下げざるを得ない」と
人手が無いから諦めていた部分にも、手が回るようになります。

ただそれは、私の業務量が減るということではなく、
「役割が変わる」ということだと認識にしています。

事業拡大に向けて設備投資、新人社員の教育、既存社員のレベルアップ、
評価制度構築、各チームの連携、チーム別評価制度構築などなど

「やる作業」が減った分「考えるべきこと」は飛躍的に増えました。
特に「教育」という面では、教えらえるほどの知識がないので、
私がもっと勉強をしなければならないなと感じています。

いろいろ

原点回帰

Published by:

今週はプリメール(インターゾーンで最も長いメール配信サービス)の担当をしている村山さんが長期休暇をとっています。

そのため、メール原稿の催促から作成、確認、配信などの一連を作業を代わりに対応させてもらいました。

今はウェブディレクターとしてサイト制作をメインに担当していますが、プリメールは私が新卒から3年以上携わった懐かしのサービス。

そして、鏡山さんもよく話に出すように、インターゾーンの原点となるサービスです。

  • メールを受け取るお客様に、本当に喜んでもらえる内容ってなんだろう??
  • お店からのお知らせを一方的に、機械的に伝えるだけで十分なのかな??
  • メールを見て来店してくれたお客様とお店の人との距離をもっと縮められないかな??

たかがメルマガと侮れません。サービスの原点と言える気づきや問いかけがたくさんつまっています。

ウェブディレクターをやっていると技術的な問題や納期などに目が行きがちですが、プリメールはサービス内容がシンプルな分、「何のため?誰のため?」を考えやすいなーと改めて気付かされました。

と同時に、このサービスに携わる人数が少ないのはもったいないなーと思ったり。

村山の後継者、募集中ですよ!!(勝手に)

 

いろいろ

気配り上手はお仕事上手の第一歩!

Published by:

今日の朝の全体朝礼での中村さんのお話し。

「子供のときに教えてもらう当たり前の常識のようなものは、大人になるとあまり言われなくなる」

本当にその通りだなーと思います。なんかちょっと言いにくかったり、仕事に直接かかわることじゃないからわざわざ指摘するほどでもないかなと思ったり。

でも、インターゾーンで仕事をしていく上で、相手(お客様とか関係会社さんとか)の気持ちを相手以上に理解するということがとっても大切になります。

そしてさらに理解するだけではなく、その先にどういう出来事が起きるとどう感じるのか?という想像力も同じくらい大切です。

そんなふうに理解して想像するチカラは、実践の繰り返しでしか身につかない、はず。

てことで、日常生活の中でも、オフィスでの過ごし方ひとつとっても、職場の仲間たちが何を考えていて自分の行動がどういう影響を与えるのかなーと思いめぐらすことは、ひとつの実践経験として積み上がっていくのではないでしょうか。

そういう気持ちでいれば、ほんの小さな、一見すると小言のような注意とか指摘であっても、自分にとって未知の考え方を知れた!ラッキー!てなぐあいに色々と楽しいのです。

で、冒頭の大人になると注意されなくなる~という話。

世の中がそういう雰囲気になりがちなのなら、なおさら。

インターゾーンはそうじゃない!素直にいろいろ小言(?)がとびかうぜ!

というのもアリだなとひそかに感じたのでした。

私自身、あまりそういったことを学べる人生を送ってきていないので、かなり無意識のモラルハザードがあるのじゃなかろうかと自戒を込めて…!

マーケティング事業部

肌で感じること

Published by:

マーケティング事業部 マーケティング戦略チームの打木です。

旧gooブログ以来の登場です、お久しぶりです。

 

先日、お客様のところへ訪問してきました。

リスティング広告のプロ中林さんと、新卒の松尾くんも一緒に。msチーム総出です。

 

今回、先方は担当者の他に車検、車販の部長さんも参加していただきました。

直接会って話をすると、何を目指して、何を考え、どんな課題があるか、などが会話の中にポロっと何を出てきたりします。

「実は今こういう状態でね」

「そういうのやりたかったんだ!」

「今がタイミングかも」

直接会うことで、社内にいると分からなかったことを感じることができます。

やっぱりたまにはこういう機会も必要だなと。

新卒の松尾くんには営業にも同行してもらい、もっともっと肌で感じてきてもらい、どんどん成長してもらおうと思います!

 

 

 

マーケティング事業部

理念体現賞!

Published by:

マーケティング事業部の水野です。

Uターン転職で今年2月に中途入社しました。ブログ初投稿です!

 

さて、インターゾーンは企業理念を大切にする企業です。

 

ミッション、コアバリュー、ビジョンが明文化された手帳があり、

毎朝、理念を読み合わせてスピーチを行います。

日々の業務と理念を落とし込んで実践に結び付ける文化があります。

 

また、雇用形態に関わらず、

入社後に社長が理念研修を通じて理念共有を行い、

全社員の向いている方向性が一致する状態をつくっています。

 

仕事をする上でベースとなる「考え方」の部分で共通認識をつくり、

日々業務で実践をしていくわけです。

 

 

そして今期は

「企業理念を浸透させ、日々の業務で理念を体現しているメンバーを

発掘し賞賛する文化を創っていこう」と、新たな表彰制度として

「理念体現賞」がスタートしました。

 

周囲のメンバーの仕事ぶりを理念体現の観点からコメントし、

投票して表彰する仕組みです。

 

「誰のどの行動が、どの理念を実践しているのか」を考えることで、

投票する側も理念について考え抜く機会がありますし、

投票される側もチーム内外からコメントが集まるので

新たな気づきが得られるところがポイントです。

 

9月度は

◆マーケティング事業部の村山さん

◆コンタクトセンター事業部の山洞さん

が理念体現賞を受賞されました!

 

10月度は誰が受賞するのか、非常に楽しみです。

 

 

今後も理念を体現しながら

ミッション・ビジョンを実現する風土醸成をしたいですね。

 

また、オンオフ関係なく、各事業部のメンバーが集まり、

それぞれの思いを語り合う場を積極的に創っていきたいと思います!