around thirty BLOG » 8月 2016

Monthly Archives: 8月 2016

いろいろ

可燃物の取扱い

Published by:

ポケモンGOが流行りだしたので、天邪鬼な私はingressをはじめました。

さておき。

人間のタイプとして、「自然性」「可燃性」「不燃性」があるよーって話。

仕事の場面で考えると、

誰に何を言われるまでもなく自ら燃えて行動を起こす「自然性」

周りの人間や環境に影響されて燃えだす「可燃性」

何を言われても燃え上がらない「不燃性」

というイメージで表されます。

で、自分はどれにあてはまるかなーと考えてみると、圧倒的「可燃性」。

20代の頃は「自然性カッコイイ!そうなりたい!」と憧れて、自分で自分を勘違いしていたのですが、私は圧倒的に可燃性です。

じゃあ、誰かに何か言われないと行動できないのか?というと、実はそうでもなく。

自然だ可燃だっていうのはあくまで燃え方の性質であって、そういう性質を持った自分を「どういう状態にしたいのか」は、自分次第だったりします。

例えば可燃性でも、燃えていたいと思うなら、自分に火をつけてくれる環境や人間のそばにいるようにすればいいですし、不燃性だけど燃えたいと思うなら、辛くても太陽みたいにメラメラしてる人と一緒に行動してその炎を借りてしまえばいいと思うのです。

(そーゆー前向きさを持っている時点で不燃ではないのでは?という疑問はさておき)

そんなわけで、可燃物カネタはチャッカマン的な存在や環境から遠のいたとき、自分が目に見えてしおしおになります。

しおれたくない!と自分自身を鼓舞しても、イマイチ変化できなくて悩んだこともありましたが、それはもうそういう性質なんだから、まぁいいかと。

そんなことで悩む暇があったらチャッカマン見つけて大事にするほうが効果的です。

可燃物の取扱いにはチャッカマン。これ大切。

 

余談ですが、チャッカマンてネーミングすごいでね。めちゃめちゃ火をつけるためだけの道具感ハンパない。

あと、着火剤って書いてしまうと火をつけられる側の物体になってしまうから、日本語って難しいなー。